未分類

増毛をしている人を見分けるコツ

投稿日:

増毛している人を見破りたい人

最近の増毛技術は非常に高く、もはや特殊メイクのレベルで、ほぼ他人にバレることはないでしょう。しかし、そんな増毛している人を「見破りたい」人が居るのも事実のようです。例えば、自分の恋人が増毛しているのかどうか、など。

ここでは、増毛をしている人を見破る方法をいくつか紹介していきます。

本記事の内容
  1. 前髪の生え際をよく見る
  2. 不自然なツーブロック
  3. 頭頂部の毛穴を見る

このサイトを運営している私は、
アートネイチャー歴 20年ほど。

私は、妻にはもちろんカミングアウトをしているわけですが、それ以外の人には一切バレておりません。(たぶん)

私の経験をもとに、増毛している人にとって、「これはやられたくない」「ここは見ないでほしい」といった、ウィークポイントをご紹介します。

ただ、よほどのことがない限り、絶対にしないでくださいね!
下手すると、あたたの大事な友達やパートナーを傷つけることになりますので。

どうしても確認したい時の最終手段として、心得て下さい。

前髪の生え際をよく見る

シート貼り付けタイプのようみ前髪を作る増毛法の場合に、かなり高確率で見破ることが可能です。シート貼り付けタイプは、自毛を剃り落として、シート状の増毛製品を貼り付ける、いわば特殊メイク的な増毛法になりますが、基本的に非常にバレにくい製品ではあるものの、時間が経っていくと少しずつ、際のところの接着が弱くなっていくので、よーく見ると、カサブタのように見えることがあります。なので、シートタイプの増毛している人にとっては、メンテナンスしたての時期以外は、基本的に生え際は見せないように前髪を下ろしていることでしょう。そこをよーく目をこらして、あるいは前髪を無理矢理かき上げて覗くと確認できます(じろじろ見たり、無理矢理やると100%嫌われるので気をつけましょう)。

不自然なツーブロック

薄毛の進行している人が気にするのは頭頂部や前髪の部分になります。そこにピンポイントに増毛をしたり、シート状のものを貼り付けたりするわけですが、耳上の側頭部や後頭部については薄毛が進行しにくいので、自毛をそのまま活用することになります。つまり、頭頂部と前髪は増毛、側頭部と後頭部は自毛、という構図となるわけです。
そうなると、頭頂部や前髪はしっかりとしたフサフサの髪なのに対して、側頭部から後頭部の境目あたりは弱々しい細い髪になる為、ツーブロックのように見えることがあります。特に水に濡れたりすると目立ちます。これがオシャレに見えるツーブロックなら良いのですが、不自然に見えることもあり、そこは見破るポイントになります(でもジロジロ見ないようにしましょうね。)

頭頂部の毛穴を見る

これはかなり上級者向けかもしれません。シート貼り付けタイプのタイプはかなり精巧に出来ているので見極めは難しいかもしれませんが、よーく見ると、人工的な不自然さを見つけることが可能です。編み込み式の場合も、髪が伸びて浮き上がった状態の時に見ると不自然さが出てきます。結びつける増毛の場合は毛穴を見てもわかりませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
増毛やかつらは、最新の技術でかなり精巧に出来ているので見破ることは困難になってきていますが、それでも完璧なものではありません。
増毛はオシャレの一つなので、決して無理矢理に暴こうとせずに、そっとしておいてあげましょうね。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

育毛剤に効果はあるのか?ないのか?

育毛をどんなにがんばっても効果がでない。 「育毛をがんばっているけど、効果がでない」 「いつになったら効果がでるの?」 こういった疑問に答えます。 本記事の内容 育毛剤に効果はあるのか?ないのか? 育 …

増毛とかつらの違いは?

増毛とかつらの違いを知りたい人 「”増毛”と”かつら”、 どれも、髪の毛に装着するものだけど、何が違うのだろう?」 こういった疑問に答えます。 本記事の内容 増毛とかつらの違い 増毛のメリット かつら …

増毛とエクステの謎【なぜこんなに値段が違う】

「テレワーク」、「在宅勤務」が増毛を始めるチャンス

増毛をやるべきか、やらないか、悩んでいる会社勤めのサラリーマン このサイトを訪れる人のほとんどは、増毛を始めることを悩んでいることが多いようです。かく言う私も、始める前はインターネットを使い情報収集に …

薄毛に効果のある食べ物

育毛に効果のある食べ物を知りたい人 「最近、髪が薄くなってきたような気がする・・ せめて食生活から変えていこう」 と、思っている方に、育毛におすすめな食品、メニューを紹介していきます。 本記事の内容 …