増毛体験者に聞きたい

【徹底比較】育毛、AGA治療、植毛、増毛のメリット・デメリット

投稿日:2019年5月12日 更新日:

薄毛の対策を検討している人

「髪が薄くなってきた。薄毛対策の方法は色々ありそうだけど、
何が自分にあっているのかわからない。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  1. 薄毛対策の種類【育毛、AGA治療、植毛、増毛】
  2. 比較表【確実性、費用、即効性、リスクなど】

このサイトを運営している私は、
アートネイチャー歴 20年ほど。

学生の頃から若はげに悩んでいましたが、大学生の時にローンを組んで増毛をして以来、おしゃれをたしなみ、恋愛し、結婚し、子供が生まれ楽しく暮らしています。

私の場合は「増毛」という選択肢をとりましたが、ここまで来るのに大変悩みましたし、人それぞれの思いに合った選択があると思います。

今回は「薄毛対策の種類と比較」について紹介します。

薄毛対策の種類【育毛、AGA治療、植毛、増毛】

そもそも、薄毛の対策には何があるか?をここでは4種類に分けて説明していきます。

育毛(発毛含む)

育毛は、自力で自分の髪の毛を増やすことであり、具体的な活動は、育毛剤の塗布、育毛シャンプーの使用、頭皮マッサージ、生活習慣の改善になります。他にも「発毛促進」とか「発毛」という言葉もあります※が、ユーザーにとっての具体的な活動は一緒なのでここでは広義の意味での「育毛」という言葉で集約します。

※詳しく説明すると、育毛は現状の髪の成長サイクルを助けて太く抜けにくい髪にすることに対して、「発毛」は、抜け落ちたところから髪を復活させることを意味します。発毛成分(主にミノキシジル)を含む発毛剤が有名です。

育毛の最大の魅力は、自分でコントロールできること。人に頼らず低額の予算で自分に合った活動を行い、止めたくなったらすぐに止められます。デメリットとしては、本当に効果があるのか不安になる、効果の確証が得にくい、個人差があり効果がない人も多い、などがあげられます。「髪が薄くなったかな~」と気づいた最初のステップでやり始めたり、予防の観点で実施するのが良いです。

育毛については、このサイトも関連記事がありますのでよろしければどうぞ。

生え際に効く育毛剤 3選

育毛剤の効果的な使い方とは

AGA治療(投薬、注入)

最近話題のAGA治療です。AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略称で「男性型脱毛症」のことを言います。AGAの原因を男性ホルモンの影響と捉えて、お医者さんによる投薬等により髪の成長サイクルを正常に戻す方法です。

最大の特徴は「お医者さんによる治療」なので、育毛と違い、お医者さんを味方につけて適切な薬による治療が行えることが最大の魅力かと思います。また、80%以上のユーザーで髪が生えたことを実感できたという実績があるとのことで、実際に効果が現れた人のブログなどを見ると薄毛だった箇所がフサフサになっている画像も見ることができます。

デメリットとしては
・薬の副作用がある(場合がある)
・費用が高い
が上げられます。

薬の副作用としては、男性ホルモンに影響を与えるので、数%の割合で、男性機能の低下があるようです(ただし、お医者さんがサポートしてくれているわけですので安心感はあります)。また、費用は保険が使えないので高額になります。病院にもよりますが、数十万~百万円程度の初期費用と、毎月の通院で1~3万円/月かかります。

評判の良いクリニックを1つ例を挙げると、「AGAヘアクリニック」です。ここなら診察料はずっと0円ですので、気に入らなかったら止めれば良いですし、強引な営業もないですし、安心して任せられます。

植毛

自分の毛でフサフサしている箇所(例えば後頭部)の髪を、移植するという方法です。本当に生えるかどうかどうかわからない育毛よりも確実性があり、かつ、自分の髪を使う点の安心感があります。文字通り根本から直したい人におすすめです。自分の毛を使うので拒絶反応もなく、また、植えた後は自分の髪の毛と同様に扱えるのでメンテナンスが不要で手離れがよく、生活にほぼ支障がでないのが最大の魅力です。サッカーのイングランド代表のルーニー選手も植毛をしたとして有名ですね。

ただ、デメリットとしては、
・手術を伴う方法なので、心理面ではかなりのハードルがある
・最終的な仕上がりが思い通りにいかなかったとしても元に戻せない
・手術した後は、傷跡がきれいになるまで少し時間がかかる
・費用が高い
などが上げられます。

中でも一番気になるところは、最終的な仕上がりが読めないこと。少なくとも自分の期待値と術者側(クリニック)の想定している姿が合っているかどうかはきちんと確認しましょう。
費用については、最近では安くなってきているので、数十万~百万円程度で受けられるところもあるようです。

増毛

増毛は、人工的に髪の毛を増やす方法で、人工毛を自毛に結びつけたり、頭皮に貼り付けたりします。最大の魅力は「確実性」です。基本的に失敗がなく確実に増やすことができます。自分に合った増やし方を増毛メーカーと相談しながら決めることができるので、最終的な仕上がりの満足度(失敗の少なさ)は一番良いと思います。自分の髪ではない点をうまく使って、今まで自分には出来なかったような髪型にチャレンジするなど、自由自在に楽しむことができます。また、少しずつ増やしたりするなど、自然で周りにバレないように計画的に実施することも思いのままです。

デメリットは、
・自分の髪ではなくなる
・メンテナンスが必要なので、多少なりとも日常生活に支障がでる
・費用が高い
となります。

増毛と育毛は両立できるのか?
の記事にも書きましたが、
基本的に増毛をしたら、自分の髪や頭皮に負担が大きく掛かるので、自分の髪はあきらめることが前提になります。まだ少しでも未練があるのなら、育毛・AGA治療をおすすめします。
費用は、メーカーにもよりますが、数十万~百万円程度の初期費用と、1~2ヶ月に1度のメンテナンスで1~2万円/月程度です。完全定額制(3~5万円/月程度)のメーカーもあるのでチェックしましょう(スヴェンソンなど)。

関連記事
アートネイチャーで増毛したらどれくらいの値段がかかるか
スベンソンの増毛はなぜ人気なのか?口コミ、評判

比較表【確実性、費用、即効性、リスクなど】

調査結果を比較表にまとめてみました。

項目 育毛 AGA治療 植毛 増毛
自毛 ×
確実性 ×
個人差あり

個人差あり
即効性 ×
数ヶ月~数年

2~6ヶ月

数ヶ月

思いのまま
リスク
ほぼなし

副作用
×
後戻り不可
×
後戻り不可
費用
数千円/月
×
初期:~100万
通院:~3万/月
×
初期:~数百万
(面積次第)
×
初期:~100万
メンテ:~2万/月

順当に考えると、まずはリスクの少ない「育毛」から開始して、効果がければ「AGA治療」を検討する、もしくは思い切って「植毛」「増毛」を検討する、といったカンジでしょうね。

増毛の場合、スヴェンソンなどでは、月額定額サービスもやってます。その場合は初期費用なしで3~5万円/月程度です。詳しくは以下の記事をどうぞ。
増毛のサブスク(定額制)はお得なの?

私は、増毛(アートネイチャーのヘアフォーライフ)を選択して、今のところ後悔はしていませんが、あたなは、あなたにあった選択をしてくださいね。

参考まで。

-増毛体験者に聞きたい

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

増毛しない理由って逆に何?

増毛したいけど決断できない人 「もう何年も薄毛に悩んでいるけど、改善できてない」 「増毛したいが、決心がつかない」 そんな人にぜひ読んでもらいたい記事です。 本記事の内容 なぜ増毛するのか? どうやっ …

no image

増毛にパーマやヘアカラーを対応させることはできるのか

増毛したらパーマやヘアカラーはできるのでしょうか? 増毛を検討している人で、結構気になる方も多いようです。 増毛は、基本的に増毛メーカー(アデランス、アートネイチャー、スベンソンなど)に、増毛製品を仕 …

20年間の増毛体験をお話します【増毛の種類・増毛の決断】

増毛の体験談を聞きたい人 「実際に増毛ってどうなのよ?」 「増毛の種類はどんなのがあるの?」 「増毛するときの注意点は?」 など、疑問に答えていきます。 本記事の内容 増毛を決意する前に 増毛の種類を …

増毛した時の生え際はどうなっているの?

増毛した時の「生え際」はどうなっているのでしょうか? 「一本一本に結び付けるタイプなら、自分の毛なので違和感はないと思いますが、 編み込みタイプや、シート貼り付けの接着タイプの場合、どうなるの?」 こ …

増毛の失敗談【自毛の後退、金銭トラブル等】

増毛の失敗談(リスク)を知りたい人 「増毛はしてみたいけど、あらかじめ、 どんなリスクがあるか、経験者に聞いておきたい」 とうい質問に答えます。 本記事の内容 増毛をしたら自毛が後退した?!【薄毛後退 …